堀江貴文さんの著書と私的おすすめ度。

遊び・暮らし・家電

もはや説明不要な実業家ホリエモンこと堀江貴文さん。

堀江さんの著書は共著などを含めるとどうやら500作品以上あるようです。

そんな中から私が読んだ感想を、すこしずつアップしながら付け足しながらブログに記していきたいと思います。

自分のことだけ考える

ホリエモンさんのマインドを書いた本。
これを読めば君もホリエモンのメンタルを手に入れられる。

鋼の心を持ってる、と思われがちなホリエモンさんだけど、実際のところは僕らと同じなのだな。

ただ違うのは僕らが気にしてしまう、失敗や他人の目や批判なんかを気にしないことだ。アドラー心理学が言うようにホリエモンさんも他人の目、批判は他人の課題でこちらが気にしてもしようがないと言っている。

ホリエモンさんのマインドなので凡人から飛躍した内容かと思いきや、かなり普通の人でも納得できる話し。なのでホリエモンさんのことを少し身近に感じられる気がした。

他人の目を気にする=挑戦しない言い訳を探しているだけ。

いろんなこと気にして萎縮して何もできない時間が無駄すぎるんですね。

“最初から人に期待をしないものの、人を信用するほかないのである。” この文章がすごく府に落ちた。

他人と良好な関係を築きたいのならば、相手には見返りを期待せずに信用するしかない。裏切られるかどうかにかかわらず。

人生は有限。いつ何があるかわからない、ましてコロナウイルスが流行ってる今となってはなおさらそう思わさせられる。やりたいこと、熱中できることに今すぐ時間を注いでいかなくてはな。そして次から次へそれをやり続ける、手を止めるな、走り続けろと毎回言われてる気になるのがホリエモンさんの本だ。

これからを稼ごう

とにかく内容が難しい・・・。

これまで読んだホリエモンさんの本の中では一番難しかったかも。仮想通貨のシステム的な話が、とにかく専門用語も多くて難しい。だけど仮想通貨の意味というか使いみちがわかった。投機的な役割をするものだけではないとわかっただけでも大きな勉強になった。また世の中を便利にするものなんだと改めてその役割を知る。AIの発展で人間は遊んで暮らせるようになるという話しのくだりがおもしろい。人間は働いてなんぼ、生産的なことをしてなんぼの常識が間もなく崩れるときも近いのかも。

堀江さんのマインド系というよりは仮想通貨の知識的な本という側面が強いように感じました。

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

ホリエモンさんが服役中に読まれた1000冊の本の中のおすすめ本、ポイントとなる部分とホリエモンさん目線のコメントがかかれた本。ホリエモンさん信者の私ですが、これはホリエモンさんの本として読むと他の本と比べておもしろみはないかも。しかし読んでみたいと思う本がいっぱいあったからそれはそれでおもしろかったということか。そしてあいかわらず読みやすさは他のホリエモンさんの本と同じで、テンポよく読めるのがいい。後半には成毛眞さんとホリエモンさんの対談が載ってて、この部分がおもしろい。今後の書籍についてや書評サイトhonzの未来など興味深かった。

人生はカネじゃない!

闇金ウシジマくんってめちゃくちゃおもしろそうだな!というのがわかる本。

漫画はほとんど読まないのだけど、闇金ウシジマくんは読みたくなった。
相変わらずの堀江さんの本だなという感じ。毎度おなじみ、人生やりたいことをやれ!は健在。

日本人の疑わない気質、昔からあるものは正しいのだという思い込みって確かにあるよなと納得。真面目にやってればいいことある、みたいなのをホリエモンさんが痛烈に否定するあたりが痛快に感じた。同時にそういう思い込みというか昔から刷り込まれてきたものが自分の中にもあるなと実感。そして現実はそうでもないことを感じながら疑わない自分を少し恐ろしくも思った。

「この世でもっとも悪いことのひとつは、現状維持だ。」が耳に痛い言葉だった。時代、環境に合わせて変化していかなくてはな。そして変化するためにもいつも新しい人間関係等に触れていかなくてはと思い知らされた。

99%の会社はいらない

99%の会社が世の中に特に必要ではないことをやっていて、役に立ってるかどうかもわからないサービスや活動を行なっているから「いらない」と言ってる本ではない。
会社に所属すること→給料をもらうためにやりたくない仕事をやる→他人の時間を生きている。
人生は自分のやりたいことをやる=自分の時間を生きること→やりたいことで忙しく時間がないのは幸せではないか。人生一度なので自分の好きなことにすべてを費やすのが楽しいじゃないか。ならば会社に所属するという選択は正しいか?良い大学へ行き、良い就職先へ入るという常識をそろそろ疑えという本。

とりあえず人間の本質はやりたいことをやることなのだ。
ほんとうにやりたいことならお金を払ってでもやる。
変に給料をもらうからやりたくないこともやらなければいけなくなるのだな。

これも他の堀江さんの本と同じだ。
つまらないことやって時間をつぶしてないで自分のやりたいこと、好きなこと、興味のあることにすぐにとりかかろう、人生の無駄遣いをするなと言っている。
すべての時間を好きなことで埋め尽くそう。

我が闘争

ホリエモンさんの幼少時代から現在までをかいた自叙伝。服役中に人生を振り返ってかいたもの。
幼稚園の頃から百科事典を読みあさっていたというから驚き。福岡の八女という田舎と独特な家庭環境がそうさせたのだろう。さらに驚きなのは両親が高学歴なんかではなくごく普通の両親であること。
故郷である福岡から出るためになんとしても東大に受からなきゃいけなかったエピソードもおもしろかった。勉強の集中力を高めるために10時間睡眠を徹底していたそうだ、やはり睡眠て大事なんやな。
中学からプログラムを作っていたことや、大学時代のバイトがきっかけでオン・ザ・エッヂ起業にいたったことなどやっぱホリエモンさんすげぇなと思わされた。世間をにぎわせた近鉄バッファローズ、フジテレビの買収の話題など、当時リアルタイムでニュースで見てるときは金儲けのためだろ思っていた。だけど、この本で実際にやってたこと、考えてたことを知るとホリエモンさんは金の亡者ではないことを再確認した。
ただやりたいこと、おもしろそうなことを追求してやりまくってるだけなんやな。冷酷そうに見えてたホリエモンさん、だけどその著書を読むたびに普通の人間なんだなと思わさせられることがおもしろい。

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

これから飲食店をやりたいと思っている人にはいいかもしれない。飲食店も常に進化の姿勢が大事。

飲食業を長く続けられるということは常にお客さんに驚きを与えられるかどうか。驚くほどおいしいもの、驚きのある場の提供、誰も食べたことのない食材を使うことなど。しかしながらひとつ好評だったからといっていつまでもそれに固執していてはダメで常に進化をする努力が必要。日頃から新しいレシピや食材の情報を仕入れるのは当然のこと、お店をやってるからこそいろいろなお店を食べ歩くことが必要だな。

飲食業の既成概念を壊す。寿司屋、洋食屋、お好み焼き屋など垣根を越えておいしいものを出すお店を目指す。料理には著作権がない、それをうまく利用すれば飲食業はブルーオーシャンなのかも。

おいしい料理というと職人だけが作れると勝手にイメージしてしまうが誰でも作れるようマニュアル化することでコストを下げることも大事。

番外:バカと付き合うな! 西野亮廣共著

ホリエモンさんと西野さんという最強タッグな本。共著なのだけど対話形式ではなく、お互いがそれぞれにバカと思うものを書き連ねた作品。て、これ結局2人が今まで書いた本の中で言ってることと同じ。常識にとらわれずにすすんできた2人が見てきた社会の矛盾とか無駄なルールとか足をひっぱるものなんかをバカととらえて、僕らにも目を覚ませと訴えてくる。
「そんなもんだろう」思考がこじれすぎて慢性化した頭を切り替えなくてはな。これからは我慢して仕事をするんじゃなくて、我慢できないくらいやりたいことをやる、だな。ときは令和なのだから、いつまで昭和思想をひきずってる場合じゃない。
何冊も2人の本を読んできたけど、やっとわかってきたというか、だいぶ前からうすうす気付いていたけど、要は「こんな本ばっか読んでないで、さっさと行動しろ、このバカが」と2人に言われているのだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました